自然学校ねぎぼうず Home



1negi-top わんぱく橋.jpg

最新情報


■ ひきこもり×セクマイ×不登校
  ダイス妙高キックオフ
        講演&ライブ

    日時:2016年6月18日(土)19日(日)
    会場:妙高高原メッセ
   詳細はこちら

チェンソー・伐木体験(安全に作業する為に)詳細はこちらです

薪ストーブの人気や災害復旧ボランティアなど、一般の方が木を切る機会が増えてきました。
 しかし、チェンソーを使っての作業は非常に危険です。各所で行われている研修会でも中々実際に木を切る研修までは行われていません。
 私たちが管理している森ではどこでもできなかった伐倒まで行うことのできる貴重なフィールドであり、このプログラムを提供させて頂いています。

 このプログラムは大人(20歳以上)対象です。
 実施期間:5月~7月中旬、9月~11月


薪割り体験

斧、くさびを使って昔ながらの薪割りをしてみませんか。良い汗をかいて日ごろのストレスを発散させましょう。
 7月中旬~8月末日を除く期間

002.jpgこれはなに

テント.jpgサバイバルキャンプ
林間滑降.jpgキャッホー


お知らせ


ねぎぼうず FaceBook
  日々の妙高高原や体験学習林「リブランの森」の様子はこちらをご覧ください。

ご相談、下見受付中
  学校、子ども会、PTCなど自然体験活動をご計画してしている皆様のご相談、森の下見など承っております。是非お問い合わせください。
 自然体験は夏だけのものではありません。秋の体験、そしてスキーを履いての森歩きなど雪の体験のご相談にも応じていますのでお問い合わせください。
〒949-2106 新潟県妙高市田口1456-7  tel 0255-87-3920 fax 0255-87-2801


体験プログラム、プリントアウト用
  体験プログラムのプリントアウト用にpdfファイルをアップしました。program pageの上段にありますので印刷してご検討ください。





937E8360838983V93FA89p97BC95FB.pdf


■ 私たちの考え方

DSC_0907.JPG2002年の設立以来多くの子どもたちと接してきました。土に触れること、直火に触れること、真っ暗闇の中で過ごすことなどが、もはや非日常の行為なのだと気づき、考えさせられます。「自然」と遠い生活を重ねていくことで少し前の子どもなら当たり前の生活能力が失われてきています。ナイフで物を削る、紐を結ぶ、マッチで火をつけることが出来ない子どもが年々増えています。また自然に対し無防備で、危険を察知する本能もなくなってきていると感じます。
1日や2日の自然体験で学べることは僅かかもしれません。けれども半日森の中で過ごすと顔つきがすっかり変わります。森に溶け込んで遊びだすのです。
 幼い頃にからだで、五感でとらえ感動したことは長くその人の人生に影響を及ぼすと考えています。スイッチ一つで何でも出来てしまう便利な時代だからこそ、大人は子どもを自然の中に放ってやる必要があるのではないでしょうか。





bicycle_s.gif 知識・知恵・行動力に対する考え方を自転車のイラストで考えてみました。イラストをクリックしてみて下さい。








mushroom-s.jpg

専用フィールド【妙高リブランの森】

  大きく裾野を広げた平坦で広大な妙高山の東斜面におよそ30haのフィールドをお借りして、体験活動を行なっています。ここは純然たる里山で敷地内は小川が流れ、広葉樹とカラマツや杉の林に覆われています。


               妙高リブランの森:土地所有者(株式会社リブラン